ゴジラ岩観光 > 流氷遊ウォーク > 知床流氷の謎
流氷遊ウォーク
コースご案内
通常コース
冬の知床満喫プラン
予約状況
ご予約申込
流氷速報カレンダー
流氷速報カレンダー
知床の冒険家 〜川端隆〜
知床流氷の謎
共通メニュー
アクセスマップ
距離/交通手段
情報リンク
気象庁(海氷データ)
海氷情報センター
国立天文台(日の出時刻)
天気予報(斜里町ウトロ)
facebook
google+
 冬の知床を訪れた方ならご存知かと思いますが、このオホーツク海には流氷が流れ着きます。それは様々な形をし、私たちの心を魅了してくれます。当社では流氷の上を散策していただく体験型ツアー【流氷遊ウォーク】を1月下旬から3月下旬まで催行しております。ここではご参加される皆様により一層楽しんでいただくため、ご参加前の簡単な予備知識に『流氷の謎』と題してお話させていただきます!

 地球の北半球を見たときに流氷がたどり着くのは一体どこの海域までくるのでしょうか?
 その海域とは、実は知床に面してるオホーツク海までです。このオホーツク海が世界中の海域の中で流氷が最も南まで来る海域となります。言い換えればこのオホーツク海は『凍る海』と『凍らない海』の境目の海域ということになります。では 同じ緯度経度に位置する太平洋側の海や日本海側の海は『凍る海』なのでしょうか?
 答えは『凍らない海』です。この違いは何でしょう?

 まず、真水は摂氏0度で凍るのに対し、海水は塩分が含まれているため−1.7度にならなければ凍りません。真水に対し海水は凍りにくいということになります。そして流氷が生まれるのには海水が−1.7度まで冷えなければなりません。
 海から奪われる熱の量というのは、海上を吹く風の冷たさ、風の速さで決まります。そしてこのオホーツク海にふく風の冷たさや強さを観測し計算したところ、実は、オホーツク海は『凍らない海』だったのです! それなのに流氷が生まれるのはなぜ??

 研究が進むにつれてこの謎が明らかになりました。このオホーツク海は表層50m下までの塩分が下層よりもはるかに少なく、その下から急に塩分濃度が濃くなっている二重構造だということがわかったのです。この塩分濃度が低いためオホーツク海の表層50mは同緯度経度の海域の表層50mよりも真水に近く、凍りやすい海となります。
 しかし、ここでもうひとつの『謎』です。なぜオホーツク海だけ水深50mを境に上下で塩分濃度が違うのでしょうか??

 それはシベリア大陸にある大河『アムール河(長さ4,350km)』に起因があります。この川が大量の雪解け水(真水)をオホーツク海に運びます。この真水がオホーツク海の表面に広がり塩分濃度の低い表面を作るためオホーツク海側にだけ海氷が生まれるのです。大河アムール川が流氷の生みの親になるのです。
 12月のはじめころ、シベリア大陸沿岸で最初の海氷ができ、1月中旬には北海道付近の海氷も氷りはじめます。オホーツク海に流れ着く流氷は北部で厚さ約1m、知床に流れ着くのでだいたい40〜50cmになります。本州から来るお客様の中には初めて見た流氷を陸地と勘違いしてしまう方もいらっしゃるくらいです。

 この流氷は知床に数々の恩恵をもたらしてくれます。アムール川の真水が凍ったできた流氷はアムール川近辺の森林の栄養分を豊富に含んでいます。この流氷が春になると知床の海で溶け、栄養分はこの海で暮らす海洋生物たちの豊富な餌となります。このように流氷は知床の生態系に大きな影響をもたらし、この知床が世界遺産地に選ばれた大きな要因の一つとなっています。
 流氷が接岸する斜里町ウトロ側では最大高さ200mにも及ぶ断崖絶壁地形が続きます。夏に観光船でご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、この地形は流氷の侵食によって形成されました。この人を寄せ付けない地形こそがこの知床に大自然を残した重要な要因のひとつともなっています。

 一方、流氷が沖に漂う羅臼町側では、流氷と深い関わりをもつ天然記念物のオジロワシオオワシ水鳥などの餌場に近い格好の止まり場になっています。また、アザラシ類の分布・回遊にも流氷が影響を及ぼしています。アザラシは3月上旬から4月上旬に流氷の上で出産します。餌が豊富で、危険が迫ればすぐ深い海へ逃げられる安全な水盤。流氷域はアザラシ類の生息地としても重要な海域になっているのです。

 現在、地球温暖化による様々な問題も出ています。
 『50年後には流氷が来ないのでは!?
 これは大袈裟な話ではなく、自然と向き合うと大変深刻な問題です。

 このようなことを踏まえて流氷遊ウォークにご参加いただければ、また違った感覚で楽しんでいただけるかと思います。世界遺産知床での流氷体験ぜひ参加してみてください。

※参考文献
『白い海、凍る海、オホーツク海の不思議』『流氷〜その謎と人々の生活』